リップル購入におすすめの取引所 | リップルで仮想通貨取引を始めよう

リップル購入におすすめの取引所

仮想通貨の中でも、リップル(XRP)の評判が良いことは分かっていても購入方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、リップル(XRP)の基本的な購入方法と安く購入する方法、すぐに購入する方法などを紹介します。
自分に合った方法で購入してみてくださいね。

▼ 目次

リップル(XRP)とは?

リップル(XRP)は、沢山存在している仮想通貨とは異なる性質を持っている仮想通貨です。
ブロックチェーンを使用していないことによって、金融機関のシステムに導入しやすいことが特徴。
送金手数料が安く、送金スピードも早いというメリットがあることから、国内外問わず非常に人気の高い仮想通貨なのです。
人気は時価総額ランキングにも現れており、ビットコインに次ぐ時価総額2位となっています。
価格は、2018年1月の段階で約145円です。
しかし、今後金融システムへの導入が進むと大きく超える可能性もあります。
投資家の間でも期待が高まっている仮想通貨でもあるのです。

リップル(XRP)を購入しておくことのメリットは、海外送金手数料が非常に安くなるという点です。
そもそもリップルは、通貨と通貨を繋ぐことで海外送金の手数料を安くするという目的で作られました。
これまでの金融システムでは、海外に送金をする場合に3,000円程の手数料が必要です。
日本からアメリカへ送金をする場合であれば、まず日本円をドルに両替、情報をアメリカの銀行へ送ってドルとして反映します。
そのため、手数料だけではなく時間も掛かりますね。

これらの問題をクリアにするため、インターネット上で現金を仮想送金することで手数料を大幅に減らす方法として最初に作られたのがビットコインです。
しかし、徐々にビットコインの注目度が高まり、システム利用料として送金手数料が高くなり始めました。
現段階ではおよそ2,000円となっています。
リップル(XRP)では、他とは異なるシステムを使用しているため、送金に関する仕組みもシンプルなのです。
システムに負担が掛からない事で、送金が反映されるまでに4秒ほど、さらに手数料も10円程で完了します。
これがリップルの強みと魅力であり、今後実生活に用いられる可能性が高いシステムです。
世界中が注目しているため、リップル(XRP)を購入しておくメリットであるともいえるでしょう。

ビットコインが最も人気?

仮想通貨の中では、ビットコインが最も人気のある仮想通貨です。
しかし、ビットコインはいくつかのデメリットが指摘されています。
まずはマネーロンダリングに悪用される可能性です。
マネーロンダリング、すなわち資金洗浄とは、麻薬売買や詐欺といった犯罪行為だけではなく脱税といった方法で手に入れた資金を匿名口座などの活用で別の口座へ移すといった行為。
資金源を不明な状態にする方法です。
ビットコインは匿名性があり、その特徴を悪用して犯罪組織がマネーロンダリングに利用する事が懸念されています。
この様なデメリットは、価格にも影響を及ぼすのです。
そのため、デメリットが指摘されていない仮想通貨を選んで購入する必要があります。
リップル(XRP)もメリットだけでは無いものの、現在のところ大きなデメリットは指摘されていません。

リップル(XRP)を購入する方は今がチャンス?

2017年には1XRPがおよそ0.6円でしたが、2017年には最大400円、1年で600倍以上にもなったリップル。
しかし、急激な上昇があった影響で、2018年には1XRP がおよそ100円にまで下がりました。
しかし、元々0.6円であった事を踏まえると十分に上昇したといえるでしょう。
初めてリップル(XRP)を購入する方も、買い増しをする方も今がチャンスであるとも考えられますね。

リップル(XRP)の購入については、基本的に販売所ではなく取引所で購入をします。
販売所は、スプレッド(売り値と買い値の差)手数料として数%が必要となるため、大きな金額を購入しない限り損をしてしまう可能性が高いのです。
取引所は指値注文を行うことが出来るだけではなく、スプレッド手数料も非常に安いことから、おすすめの購入場所になります。
リップル(XRP)を購入するための仮想通貨取引所は、どこが良いのでしょうか。
中でも人気の仮想通貨取引所を3つ紹介します。

まずはビットバンクCC(bitbank.cc)。
手数料が安く、日本円でもリップル(XRP)の購入が可能です。
できます。
指値で購入することも可能です。
さらに、板取引も可能であるためスプレッド手数料を非常に安く抑えることが出来るのです。
国内の仮想通貨取引所の中でも、セキュリティ面での評価が高い取引所の1つ。
リップル(XRP)の出来高では世界一になった経験もあるほど、取引量が多いという点が特徴です。

GMOグループの仮想通貨取引所GMOコインも人気となっています。
販売所であるため、非常に簡単に購入する事が可能です。
GMOコインは取引所では無いため、スプレッド手数料が高くなってしまう点がデメリットではあります。
しかし、初心者の方にとってはワンクリックで購入出来る点がメリットになるでしょう。
日本円でリップルを購入する事も可能であり、セキュリティ面でも評価が高い点は魅力的です。

世界取引高1位のバイナンス(BINANCE)もおすすめ。
国内の仮想通貨取引所ではありませんが、リップルを含めて120種類以上の仮想通貨を取り扱っています。
指値注文が可能であるため、自分が購入したい金額で取引を始めることが可能です。
板取引が可能であり、スプレッド手数料を抑えることが出来ます。
リップル(XRP)は、ビットコインやイーサリアムで購入出来ますが日本円で購入出来ない点には注意が必要です。

注目度の高いリップル(XRP)ですが、今後は更に価格が上昇することが予想されています。
購入するのであれば、早い段階で購入しておくことがおすすめです。
また、リップルに限らず、仮想通貨の投資は複数の取引所を使い分けるようにしましょう。
これは投資の基本であり、資産を分散させることによってリスクを低くする方法です。
コインチェックの流出事件では、コインチェックに全ての投資資産を預けていた方は大きなダメージを受けました。
まずは使用しやすい仮想通貨取引所で始めた後、慣れてきたら海外の取引所などを利用してみるのも良いでしょう。
セキュリティ面なども加味した上で、自分が納得して資金を預けることが出来る仮想通貨取引所を見つけてくださいね。