ビットコインキャッシュとの違い | リップルで仮想通貨取引を始めよう

HOME » リップル » ビットコインキャッシュとの違い

ビットコインキャッシュとの違い

インサイダー取引が問題となったり、価格操作が判明したビットコインキャッシュ(BCH)ですが、それでも価格が上昇を続けました。
2016年の段階で、ビットコインキャッシュはビットコイン同様の価格上昇を見せました。
しかし、それまでビットコインキャッシュは人気のある仮想通貨ではありませんでした。
海外では、沢山の仮想通貨の中でビットコインキャッシュは人気が無かったのです。
リップル(XRP)も同様に、人気のある仮想通貨ではありませんでした。

ビットコインキャッシュの特徴は、ビットコインが持っていない特徴を持って居るということです。
ビットコインキャッシュの価格は一時下降していましたが、デビットカード決済プロセッサーにてビットコインキャッシュが使用されるとの報道により、ビットコインキャッシュ価格は上昇し、その後相場は落ち着いています。

リップルコインは、他の仮想通貨が成功しなかった送金速度の早さで成功したのです。
多くの仮想通貨ユーザーは、日常的に仮想通貨での支払いを行いたいと考えているため、実際の世界では価値がないエアーマネーではなく、「現金」という考えを持って価値を見出そうとしています。
リップル(XRP)とビットコインキャッシュは、これまでの仮想通貨と比較をすると取引に掛かる処理手数料が安いため、実際の世界でも利用することが想像できるのです。
実用化された場合、多くのATMで仮想通貨の引き出しや送金などを行うことが出来るようになるでしょう。

そして、この様な予想は投資家にも影響し、相場の変動にも繋がります。
投資家が参入すると、今後ビットコインキャッシュやリップルなどの注目を集める仮想通貨は高騰する可能性が高いのです。
そのため、これから仮想通貨取引を始めるのであれば、これらの注目されている仮想通貨を購入する事を検討しましょう。

リップルやビットコインキャッシュを取り扱う仮想通貨取引所の中で、人気のある取引所を紹介します。
人気1位はビットフライヤー(bitFlyer)です。
国内最大級仮想通貨取引所であり、テレビコマーシャルでも有名な取引所ですね。
2位はGMOコインです。
アプリを利用して、手軽に仮想通貨の取引を行うことが出来ます。
為替FX取引高でも世界一のGMOが、仮想通貨取引にも名乗りを上げた結果です。
3位はビットバンク(bitbank)。
ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの板取引手数料が無料です。
これは非常にお得なサービスであり、魅力と特徴ですね。
さらにセキュリティ面の安全性も高いことで、徐々に注目を集めている取引所なのです。