リップルとイーサリアムの違い | リップルで仮想通貨取引を始めよう

HOME » リップル » リップルとイーサリアムの違い

リップルとイーサリアムの違い

大きく価格が上昇するため、ビットコインの時価総額は安定しているものではありません。
しかし、2017年には約27兆円にも上りました。
これは、2位の仮想通貨イーサリアムと3倍ほどの差がある数字です。
注目の仮想通貨として話題のリップルは、2017年の段階では3位でした。

時価総額とは、広がりを見せる仮想通貨市場全体の価値を見るために利用されています。
さらに仮想通貨市場が広がると思われる2018年は、ビットコインの価格に他の仮想通貨であるリップルやイーサリアムといったアルトコインが近付くと予想されているのです。
2017年の段階で、リップルは6.6兆円でした。
2018年以降、この価格から3倍程度の価格上昇が期待できると思われます。

どの仮想通貨を購入すれば良いのかと迷ってしまいますが、リップル、イーサリアムであれば、いつでも「買い時」です。
今後、どちらも3倍程の価格上昇が見込まれているため、どちらの仮想通貨を購入しても良いといえます。
リップルもイーサリアムも、「現在の価格で購入できるのは今のうちである」といわれる仮想通貨です。
イーサリアムは、現在1ETH9万円代となっており、プロの投資家以外の一般ユーザーが数枚まとめて購入する事が可能という段階は終わりに近づいています。

それでは、早くに購入すべきであるリップルやイーサリアムは、どこで購入出来るのでしょうか。
同じ仮想通貨取引所で購入する事がおすすめです。
いくつかの取引所に登録をして使い分ける方も居ますが、特に初心者の方は1つの取引所に集中した方が良いでしょう。
リップルとイーサリアムの両方を購入することが可能な仮想通貨取引所は、現在のところGMOコインとDMM Bitcoinとなっています。
GMOコインに関しては、コインチェックのネム流出事件が起こってからセキュリティ面を更に強化したため、国内の仮想通貨取引所としても人気を上昇させているのです。

リップルとイーサリアムは、ランキングでは変動を見せています。
一時、リップルはイーサリアムを抜いて2位となりました。
しかし、その後イーサリアムの半分まで下降するなどの変動があったのです。
2018年の段階では、リップルの方が注目度は高いものの、今後のイーサリアムの動きからも目が離せません。
リップルは世界規模で銀行間取引、国際送金システムの運用が注目されているため、今後価格の上昇が予想されます。
急激な上昇はなくとも、将来性のある仮想通貨の1つであるといえるでしょう。