仮想通貨リップルとビットコインの違い | リップルで仮想通貨取引を始めよう

HOME » リップル » 仮想通貨リップルとビットコインの違い

仮想通貨リップルとビットコインの違い

2大仮想通貨ともいえる、ビットコインとリップルとの違いをご存知でしょうか。
「仮想通貨といえばビットコイン」と言っても過言ではないほど、ビットコインの人気が高まりました。
テレビで特集を組まれると、Google急上昇ワードにもランクインするほどの注目度です。
この影響で、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインにも注目が集まっています。
そして、チャートも動きを見せているのです。
沢山のアルトコインの中でも、今後ビットコインと同等に人気の仮想通貨になると思われるリップルについて紹介します。

なぜリップルが注目を集め、人気の仮想通貨となっているのでしょうか。
その理由は、Googleが投資をしたためです。
googleだけではなく、アメリカでは有名なベンチャーキャピタルが数億円の出資をしています。
これほどまでに注目されるリップルと、ビットコインにはどの様な違いがあるのでしょうか。
細かく見て行きましょう。

それぞれの仮想通貨には発行数が定められています。
ビットコイン、リップルに限らず、どの仮想通貨も数が決められているため価値があるのです。
ビットコインの上限は、2,100万枚、リップルの上限は1,000億枚。
リップルは、ビットコインと比較すると約5倍の発行数ですね。
しかし、ビットコインとは大きく異なる部分があるのです。
ビットコインは、少しずつ2,100万枚に近づいたのに対し、リップルは既に1,000億枚が発行されています。
ネットワーク上でトランザクションが発生すると、リップルが減って行くという仕組みになっているのです。
これは、ビットコインとは大きく異なるシステムの1つでしょう。

次に仮想通貨の入手方法です。
ビットコインを入手するためには、主に2つの方法が存在しています。
1つ目はビットコインを購入する2つ目は人からビットコインを送信してもらうという方法です。
リップルを入手する方法も、ビットコインと同様。
購入も可能ですが、人から送信してもらうことも可能です。
購入するのであれば、価格も気になりますね。
ビットコインは、単位を「BTC」として最大値で90,000円前後です。
ビットコインは、一時大きく高騰したものの、高騰後は落ち着きを見せています。
リップルは単位を「XRP」として100円程です。

ビットコインとリップルは、購入方法などは共通しているものの、特徴や歴史は異なります。
人気のある仮想通貨という点は共通しているため、投資対象としてはおすすめです。
それぞれの仮想通貨の特徴を知ってから、仮想通貨の取引を始めてみるのも面白いかも知れませんね。