仮想通貨リップルのリスクとは | リップルで仮想通貨取引を始めよう

HOME » リップル » 仮想通貨リップルのリスクとは

仮想通貨リップルのリスクとは

仮想通貨の中でも、ビットコインの次に注目されているリップル(XRP)ですが、取引についてはリスクも考えられます。
暴落などによる損失以外のリスクは主に2つ。
リップル社が倒産する、リップル(XRP)よりも高性能な仮想通貨が生産されるという事です。

リップルトレードの代表が2017年10月に逮捕されました。
仮想通貨関連での逮捕者やトラブルは多く、リップル社が何かしらの理由によって倒産する可能性は0%ではありません。
倒産とはならない場合であっても、不祥事などが起こると価格に大きな影響を及ぼします。
リップル(XRP)はRipple社が発行し管理している仮想通貨。
そのため、価格の上昇や下降はリップル社に掛かっているのです。
国内では、ザイフを運営しているテックビューロ社が発行し管理を行う「ZAIFトークン」と同様ですね。

リップル(XRP)のリスクとしては決済サービスが「実用試験中」であるという点も挙げられます。
実際に、リップルを決済サービスの一種として使用した際、重大な問題が起こる可能性も0%では無いのです。
もう1つのリスクとして、リップル(XRP)を改良する形で新たな仮想通貨が生産される可能性があるという点が挙げられます。
この場合、リップル(XRP)は実用性が無いと判断されるため、大暴落すると考えられますね。

リップル・ネットワーク(Ripple Net)が注目を集めており、リップル(XRP)の価格にも影響を与えています。
世界中の金融機関が参加、実証実験を行っているリップル・ネットワークですが、リップルを使用することが決まったわけではありません。
送金ネットワークであるRipple Netと、仮想通貨としてのリップル(XRP)は別物です。
しかし、Ripple Netが注目されているため、今後の価格上昇には期待が出来そうですね。

これらのリスクはあるものの、基本的にリップルは評判の良い仮想通貨です。
送金速度が速く、匿名性が無いため資金洗浄に利用されることはありません。
そのため、規制強化が行われても残って行くでしょう。