相続税

遺産に係る基礎控除の計算のポイント!法定相続人の数え方について

相続税の基礎控除(遺産に係る基礎控除)は、法定相続人の数によって具体的な金額が変わります。大きな額が控除として認められますし、この額が申告や納税の必要性に関わってきますので正しい計算方法を知っておくことが大切です。 そこで以下では「基礎控除…

相続税は「遺産に係る基礎控除額」を超える相続財産があるときに課税される

相続があっても、相続税を納めなくて良いケースがあります。それは、相続財産の価額が「遺産に係る基礎控除」(以下、「基礎控除)と呼ぶ。)の額を超えないときです。 この記事で、相続税の計算における重要ポイントとなる基礎控除に関して解説していきます…

どんな財産が相続税の課税対象になる?

身近な方が亡くなられたとき、相続に伴い相続税という税金が課税され、これを納めなければならないことがあります。 これは、財産が引き継がれることに起因する課税です。 そこでここではどのような財産が相続税の課税対象となるのかを整理していきます。 相…

どんな財産に相続税がかかるのか!非課税財産と課税財産を解説

ある者が死亡し相続が開始されると、その者の保有していた財産の価額に応じて課税がなされます。 しかしあらゆる財産に対して課税が行われるわけではありません。 その性質に照らし、課税されるものとそうでないものとに分けられているのです。 以下では、こ…

相続税を2割増しにされる人がいる?2割加算の制度を解説

相続税は、相続が起こるたびにその課税機会が設けられます。 親から子へ、子から孫へと財産の移動は起こり、孫が取得する財産の中には親(孫から見た祖父母)から受け継がれてきたものも含まれます。 しかし孫を養子縁組すれば、基礎控除における控除額の割…

相続税を下げるために養子縁組が有効?その理由や注意点を解説

相続税はすべての人に対して問題となるものではありません。 なぜならその計算上、基礎控除が適用されることで、少なくとも3,600万円までは非課税になるからです。 そのため一定以上の資産を蓄えていた被相続人がいなければ特に気にする必要はなく、実際、相…

生前贈与で節税対策!でも直前の贈与による生前贈与加算には注意が必要

一般に、相続が始まる前に贈与をしておくことが、相続税に対する節税対策になり得ると言われています。 実際、上手く贈与を行うことで節税効果は期待できます。 しかしルールを把握して適切に行わなければ意味がありません。 そこで以下では生前贈与に関して…

二次相続向けの具体的な節税対策を解説!

夫婦と子がいる家庭において夫が亡くなった場合、その財産は配偶者である妻と子に引き継がれます。これが一次相続です。 その後妻が亡くなると、もともと夫の財産であったものも含めてすべて子に引き継がれるようになります。こちらが二次相続です。 そして…

二次相続とは何か!一次相続との違いや特徴、税制面で注意すべきことを解説

相続の際、財産の価額が一定以上に達すると相続税の課税対象となります。 数百万円、場合によっては数千万円かかることもあり、特に資産家などの相続では課税対策をすることが重要になってきます。 ただここで難しいのが「今まさに直面している相続問題に対…