遺言

遺留分の侵害を受けたときに取るべき対応

遺留分の制度について 法律上、遺留分という最低限の相続分を確保する制度があります。 例えば遺言により財産がすべて第三者に渡ってしまうと残された配偶者等が生活できなくなることも起こり得ます。 そのため一定の範囲内で財産を確保するようになっていま…

遺言執行者が注意すべきことと相続人との関係

近年の法改正により、相続に関する規定も色々と変わっています。 「遺言執行者」に関しても例外ではなく、法的地位の明確化や権限に関する規定が新たに設けられました。 何のために存在し選ばれるのか、どんな効果を誰に及ぼすことができるのか、そしてどの…

遺言で相続分が指定されているときでも登記は忘れずに!

財産等に不動産や債権債務があり、相続が複雑になりそうなときでも、被相続人は遺言をもってトラブルを事前に防ぐことができます。 しかし遺言によって防ぐことのできるトラブルは主に相続人間の話であり、債権者や第三者との間に生ずるトラブルまで完全に防…

認知症の相続人がいる場合は、後見制度か遺言を利用しよう

認知症と診断された人は数百万人を超え、医学の劇的な進歩などがなければ今後も数十年単位で増えていくと想定されています。 少子高齢化、長寿化なども大きく関係し、人口全体に対する認知症有病割合・絶対数ともに増加していく見込みです。 認知症にまつわ…