相続人のルール

相続人の調査には戸籍集めが必要!集めるべき資料やチェックポイントを紹介

遺産分割は、相続人全員が揃って行わなければなりません。相続人の確定ができていないにも関わらず行ってしまった協議はやり直すことになります。 そこで遺産分割に向けては、相続財産の調査に加え、相続人の調査も必要となるのです。ここでは相続人を調べる…

相続手続はいつまでにする?相続放棄や相続税の申告などで注意すべき期間について

相続が開始されると、遺族の方、相続人の方は様々な手続に追われることとなります。例えば遺産分割の協議が必要ですし、そのために相続財産や相続人の調査もしなければなりません。他にも状況に応じた様々な手続が必要になるのですが、期間の定めが置かれて…

財産分離の請求を受けたらどうする?相続人がすべきことを解説

相続開始後、相続人の債権者あるいは被相続人の債権者から「財産分離」の請求を受けることがあります。これは相続財産と相続人の財産が混ざることによって債権が満足に回収できなくなるリスクを避けるために行われるものです。 請求の手続は債権者側で行うの…

財産分離って何?その効力や分離の請求方法を解説

「財産分与」という言葉は一般にもよく耳にする機会があるかと思います。しかしこれは離婚に伴う夫婦間の財産の分配の話であり、ここで解説する「財産分離」とは異なる概念です。 ここでは相続において重要になる財産分離について解説します。 相続財産が混…

限定承認者に課される義務とは?限定承認後にすべき手続などを解説

限定承認をすれば多大な債務の弁済など、リスクを小さくすることができます。しかし、その一方で限定承認をした者にはいくつかの義務が課されます。 ここでとりまとめる内容に留意して義務を果たしていかなければなりません。 財産の管理義務 民法第926条に…

限定承認をする方法とは?その後の効力についても解説

相続が始まると、そのまま権利も義務も引き継ぐほか、相続人には「限定承認」という手段も残されています。ここではその手続や、その後の効力について解説します。 限定承認とは 民法第922条に規定が置かれています。同条によると、これは「取得した財産の限…

単純承認をするとどうなる?相続人の権利や義務とは

親や配偶者など、身近な方が亡くなると相続が開始されます。相続人となった者が取り得る手段としていくつか考えられますが、基本形となるのが「単純承認」です。 ここでは単純承認とは何か、単純承認をすることでどうなるのか、相続人の権利義務に関して説明…

相続開始後、財産の管理は誰がどのように行う?相続放棄した場合も紹介

相続は財産をもらうことにばかり注目がいきがちですが、特定の財産を引き継ぐまでには時間を要します。そこで、遺産分割が確定するまでの財産管理が問題となります。 相続人が管理するのが基本 最も基礎的なルールが民法第918条第1項に規定されています。 第…

相続欠格について!どんな行為で欠格者となるのか、その場合の効果についても解説

生前、親に対し虐待や行き過ぎた嫌がらせなどをしていると「廃除」という制度を利用され、被相続人の請求により相続する資格を剥奪されることがあります。 この他にも実は相続の権利を失うことになるケースがあります。それが「欠格」です。 廃除と似た性質…

相続人「廃除」の意味とその手続、効果についても説明

「廃除」とは何か 相続が開始されると、基本的には親の財産が子に渡ることとなります。 しかし家庭環境によっては、子に引き継がせたくないと思うこともあるかもしれません。 例えば子供が親を虐待しているようなケースです。 遺言で指定をすれば財産の大半…