相続人のルール

限定承認をする方法とは?その後の効力についても解説

相続が始まると、そのまま権利も義務も引き継ぐほか、相続人には「限定承認」という手段も残されています。ここではその手続や、その後の効力について解説します。 限定承認とは 民法第922条に規定が置かれています。同条によると、これは「取得した財産の限…

単純承認をするとどうなる?相続人の権利や義務とは

親や配偶者など、身近な方が亡くなると相続が開始されます。相続人となった者が取り得る手段としていくつか考えられますが、基本形となるのが「単純承認」です。 ここでは単純承認とは何か、単純承認をすることでどうなるのか、相続人の権利義務に関して説明…

相続開始後、財産の管理は誰がどのように行う?相続放棄した場合も紹介

相続は財産をもらうことにばかり注目がいきがちですが、特定の財産を引き継ぐまでには時間を要します。そこで、遺産分割が確定するまでの財産管理が問題となります。 相続人が管理するのが基本 最も基礎的なルールが民法第918条第1項に規定されています。 第…

相続欠格について!どんな行為で欠格者となるのか、その場合の効果についても解説

生前、親に対し虐待や行き過ぎた嫌がらせなどをしていると「廃除」という制度を利用され、被相続人の請求により相続する資格を剥奪されることがあります。 この他にも実は相続の権利を失うことになるケースがあります。それが「欠格」です。 廃除と似た性質…

相続人「廃除」の意味とその手続、効果についても説明

「廃除」とは何か 相続が開始されると、基本的には親の財産が子に渡ることとなります。 しかし家庭環境によっては、子に引き継がせたくないと思うこともあるかもしれません。 例えば子供が親を虐待しているようなケースです。 遺言で指定をすれば財産の大半…